ACマスターカードバナー

News&Topics クレジットカードのお得な情報をお知らせ

クレジットカード利用は今後IC対応決済へ

2015年12月19日 土曜日

スキミングによるクレジットカードの不正利用を防止する目的で開発されたのが、ICチップ付きのクレジットカードです。
国内で発行されているクレジットカードの6割がこのICチップ付きのカードですが、残り4割はまだ磁気ストライプのみのカードです。

決済自体はまだ磁気ストライプ経由が主流

クレジットカードは、その決済時にスキミング被害に遭う危険性が高いことはよく知られています。
現金よりもカード決済が中心の海外では特にその危険性が高く、長期滞在だけでなく、旅行中でも注意が必要ですね。
スキミングされやすいクレジットカードは、磁気ストライプで情報を管理しているクレジットカードです。

ところが、スキミングに強いとされるICチップ付きのカードにも、磁気ストライプが付いています。

ICチップがついているのに、なぜセキュリティ的にはICチップよりも危険度の高い磁気カードが付いているのかというと、支払いをする際に、その店舗側がICチップに対応していないことが多いからです。
両方つけていれば、ICチップと磁気ストライプのどちらでも決済が可能になり、カードが使用できないという事態を避けられます。

2020年までにIC付きカードへ完全切り替え

国内のクレジット決済で、IC対応端末での決済があるのは、現状では17%ほどで、残りの8割強は磁気ストライプ経由の決済となっています。
しかし、磁気ストライプでの決済の場合には、スキミングされる危険性が高まるのが事実。

店舗側がICチップ対応のカード読み取り端末を導入すればその危険性は少なくなるのですが、機器の導入には資金と手間がかかります。
このため、今まではなかなか導入が進みませんでした。

しかし、クレジットカード各社は2020年までに国内で発行されている全てのクレジットカードをICチップ付きに切り替えるとし、同時に、店舗側にもIC対応型の読み取り端末の導入も促すと発表しています。

不正被害があった場合に、いままではカード会社が負担していた顧客への補償費用を、店舗側に負担させる方法を導入し、ペナルティを課すことで、進まなかったIC対応決済を加速しようという考えです。

経済産業省もこれを後押しし、店舗側にはIC対応への早期切り替えを求めつつ、店舗側の負担軽減策も検討しているとのこと。

ところで、IC決済への対応が遅い国は、日本だけではありません。
欧州をはじめ、中東、中南米でもIC経由決済がカード利用決済の8割以上を占めているのに対し、なんとアメリカのIC経由決済は9%。
アメリカへの旅行後はスキミング被害がなかったかどうか、利用明細などから確認をしておくのがよさそうです。

カテゴリー: カードセキュリティ,カード不正利用,海外カード事情
タグ:,,,

キャッシュカードより安全 キャッシュパスポート

2015年9月26日 土曜日

海外旅行や留学には現金よりカードのほうが便利なことはもう常識ですね。
国際ブランドのついたクレジットカードを1枚は持っていたいところですが、スキミング等のリスクもあります。
そのリスクを軽減できるのが、国際型のプリペイドカード。
残額のチェックやチャージが面倒、という声も多いプリペイドカードですが、実はクレジツトカード以上に安心で便利に仕えるカードでもあるのです。

キャッシュカードより低リスクなプリペイド式

海外では現金よりもキャッシュカード。しかし盗難やスキミングの被害に遭ってしまうと、その被害は大きなものに。
海外に持っていくなら補償付きのクレジットカードがおすすめですが、プリペイド式のカードなら、銀行口座とは切り離されているので、口座残額を全て引き出されるような心配はありません。

この利点を生かして、最近では国際的につかうことができるプリペイドカードが発行されています。
その代表的なものが、海外での利用を目的とした外貨専用のプリペイドカード「キャッシュパスポート」です。

審査・年齢制限なしで日本からの入金もOK!

キャッシュパスポートは、日本円で入金しておくと、海外ATMで現地通貨として引き出せるプリペイドカードです。
国際ブランドMasterCardがついているため、ATMでの引き落とし以外にも、MasterCard加盟店での買い物などにキャッシュレスで利用できます。

キャッシュカードとは違って加入時の審査がなく、また年齢制限もないので、未成年者の短期留学には最適といえるカードです。
入金委任状の登録をしておけば、日本の家族から海外にいる本人に入金ができます。簡易送金の手段としても有効です。

特にキャッシュパスポートの場合、発行時に盗難被害防止のためのスペアカードがついていることが大きなメリットです。
万が一の紛失・盗難があった場合には、使用していた1枚目だけを使用停止にでき、1枚目に引き続いて2枚目を利用することができます。

電話は24時間対応で、現金手配、簡易翻訳、緊急メッセージ、パスポート紛失盗難アシスタンス、クレジットカード紛失盗難アシスタンスなどのサービスがあり、プリペイドとは思えないほどの充実ぶり。

複数の地域に渡航する予定の方には、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの7つの通貨が1枚のカードで持ち歩くことができる「マルチカレンシーキャッシュパスポート」もあり、こちらも審査や年齢制限はありません。

カテゴリー: カードセキュリティ,プリペイドカード,旅行,海外カード事情
タグ:,,,,

スマホへ自動配信! 海外渡航者にお得なクーポン

2015年4月18日 土曜日

JCBが海外渡航者向けにお得なクーポンの発行を開始しました。
旅行中に、現地で使える優待クーポンや最新のイベント情報を、リアルタイムでスマートフォンへ自動配信するサービスです。
第1弾として、グアムでのサービスがスタートしています!

お得クーポンや現地の最新情報をリアルタイムで配信

株式会社ジェービーシーが4月1日から開始したJCBカード会員向けの新サービス「JCB お得クーポン」は、海外旅行先の現地で、リアルタイムに優待クーポンや最新情報が自動配信されるというもの。
渡航先のJCB加盟店の周辺に近づくと、お得なクーポンやイベント情報がリアルタイムでスマートフォンへ自動配信されます※。

※アプリ保有者が位置情報の利用に事前に同意すると、その後は自動でスマートフォンがWi-Fiアクセスポイントに接続されます。

Wi-Fiも無料で利用できる!

また渡航者にニーズの高いWi-Fi通信環境の利用も「JCB お得クーポン」のアプリで行えます。
サービスの対象となるJCB加盟店付近では、ID・パスワードの入力なしでWi-Fiアクセスポイントに自動接続され、無料で利用することが可能。

事前に「JCB お得クーポン」アプリをダウンロードして、位置情報の利用に同意しておくと、その後は自動でスマートフォンがWi-Fiアクセスポイントに接続され、各種サービスの配信・利用が可能になります。
対象加盟店はアプリ内蔵のWi-FiスポットMAPで検索できます。

第1弾の「JCB お得クーポン・グアム」では、対象加盟店は4月現在で40カ所(順次拡大予定)。
今後は順次他の国や地域にもサービスを拡大していく予定となっています。

カテゴリー: クレジットカード事情,海外カード事情
タグ:,,,

楽天カードが台湾進出 『台湾楽天カード』発行開始

2015年1月16日 金曜日

楽天カードが台湾に有限公社を設立。
今月13日から、海外発行としては初の自社クレジットカードとなる『台湾楽天カード』の申し込みと発行を開始しました。

台湾から世界へ進出

楽天は2008年にサービスが開始された「台湾楽天市場」に続いて、台北市に台灣樂天信用卡股份有限公司を設立、クレジットカード発行のライセンスを所得。
この1月13日から、海外では初となる、自社クレジットカードの発行を開始したと発表しました。
この事業開始で、楽天グループは、銀行や電子マネーを含む「楽天経済圏」の海外展開を大きく推進することになります。

このカードは台湾のユーザーを対象に発行されますが、年々伸びる台湾からの訪日客をユーザーに見込んでいます。

カード利用額に対して通常1%のポイントが貯まるだけでなく、「台湾楽天市場」での利用では倍の2%の楽天スーパーポイントが貯まります。
台湾楽天カードで貯めたポイントは、「台湾楽天市場」で1ポイントを1元相当として使うことができます(1台湾元=約3.7円)。

台湾の訪日ユーザーには決済額2割引

『台湾楽天カード』のユーザーには、300ポイントが還元される入会キャンペーンも開始されていますが、さらに台湾から日本へ旅行するユーザーを対象に、「楽天トラベル」を通じて日本の施設に宿泊、決済をかると5%のポイント還元が、また居酒屋「白木屋」や「魚民」などの系列店舗で、決済額から20%割引されるキャンペーンを実施いたします。
しかもこの2月からは、ビックカメラでのカード利用で、免税8%に加え6%の割引特典が受けられるキャンペーンも実施。

楽天グループは、台湾を皮切りに、グローバルな規模での「楽天経済圏」を推進しています。
複数のアナリストたちが、今後の拡大が最も期待される和製ネットシステムは楽天、と高い評価をしているだけに、楽天の今後の躍進が期待されています。

カテゴリー: クレジットカード,海外カード事情
タグ:,,

一年間に130件以上もカード決済を利用!?お隣韓国のクレジットカード事情

2014年9月24日 水曜日

koreakokki

 

「あなたは一年間にどれくらいのクレジットカード決済を行っていますか?」

この質問に答えることができる人はほぼいないでしょう。一カ月で使ったとしてもだいたい1回から5回程度でしょう。

月に一回使ったとしたら、クレジットカードの年間決済回数は12回。無茶な買い物をしなければカード破産をするようなことはありません。

しかし、ちょっとお隣の韓国に目を向けてみると、同じアジア圏内なのにクレジットカードの事情に関しては大きな違いが見られます。

文化交流も盛んになってきましたので、噂を聞いたことがある人もいるでしょう。

「韓国ではお金を持っている、財産を持っていることが大きなステータスとなる」

これを考えた時、クレジットカードもその金銭感覚と切手は切り離せないものになります。

韓国での国民一人あたりのクレジットカード平均年間決済回数はなんと約130回。一カ月に10回ほど、クレジットカードを使っている計算です。

どうしてクレジットカードの利用数が多いのか

韓国においてクレジットカードの利用頻度が高いのは圧倒的に男性です。理由は簡単。

韓国では「お金を持っている男性が女性からもてるから」です。

レストランに行ったとき、何かプレゼントを買ってもらうとき、もちろん現金での購入もいいでしょう。

これがゴールドカードやブラックカードでの一括払いとなると韓国人女性はメロメロ。

男性はそれをわかっているので、クレジットカードの利用頻度を増やすわけです。

こういった国民性に加えて、国家規模でのクレジットカード普及対策がカード利用に拍車をかけているという現状もあります。

カード利用額に応じて所得税減税?とんでもない韓国の政策とは

以前、韓国政府が実施した政策の中に「クレジットカードの利用金額に応じて所得税を安くする」という制度がありました。

これは、脱税などが横行する個人商取引で、カード決済での履歴を残すために国が積極的に導入したもので、

店舗はもちろんのこと、利用者にとってもメリットがあるようにクレジットカードを進めたという歴史があります。

これに伴い、韓国でのクレジットカード利用者数は劇的に急増。同時に、カード破産者、多重債務者などを多く生み出すことにもなります。

韓国人とのお付き合いには要注意?

日本と韓国。近いようで金銭感覚には大きなずれがあります。仕事や旅行などで韓国人と一緒になにかをするとき、

これら金銭感覚の違いでもめないように気を付けましょう。韓国ではカードを利用することがステータスとされます。

さらに、食事に行く時には年上の人がすべて後輩分も支払うのが一般的。こういった時にはよくカードが利用されます。

 

カテゴリー: 海外カード事情
タグ:,

  • トップページ
  • トップページ

New Entries

Categories

Categories

 

最新クレジットカード比較.com