ACマスターカードバナー

News&Topics クレジットカードのお得な情報をお知らせ

クレジットカード利用は今後IC対応決済へ

2015年12月19日 土曜日

スキミングによるクレジットカードの不正利用を防止する目的で開発されたのが、ICチップ付きのクレジットカードです。
国内で発行されているクレジットカードの6割がこのICチップ付きのカードですが、残り4割はまだ磁気ストライプのみのカードです。

決済自体はまだ磁気ストライプ経由が主流

クレジットカードは、その決済時にスキミング被害に遭う危険性が高いことはよく知られています。
現金よりもカード決済が中心の海外では特にその危険性が高く、長期滞在だけでなく、旅行中でも注意が必要ですね。
スキミングされやすいクレジットカードは、磁気ストライプで情報を管理しているクレジットカードです。

ところが、スキミングに強いとされるICチップ付きのカードにも、磁気ストライプが付いています。

ICチップがついているのに、なぜセキュリティ的にはICチップよりも危険度の高い磁気カードが付いているのかというと、支払いをする際に、その店舗側がICチップに対応していないことが多いからです。
両方つけていれば、ICチップと磁気ストライプのどちらでも決済が可能になり、カードが使用できないという事態を避けられます。

2020年までにIC付きカードへ完全切り替え

国内のクレジット決済で、IC対応端末での決済があるのは、現状では17%ほどで、残りの8割強は磁気ストライプ経由の決済となっています。
しかし、磁気ストライプでの決済の場合には、スキミングされる危険性が高まるのが事実。

店舗側がICチップ対応のカード読み取り端末を導入すればその危険性は少なくなるのですが、機器の導入には資金と手間がかかります。
このため、今まではなかなか導入が進みませんでした。

しかし、クレジットカード各社は2020年までに国内で発行されている全てのクレジットカードをICチップ付きに切り替えるとし、同時に、店舗側にもIC対応型の読み取り端末の導入も促すと発表しています。

不正被害があった場合に、いままではカード会社が負担していた顧客への補償費用を、店舗側に負担させる方法を導入し、ペナルティを課すことで、進まなかったIC対応決済を加速しようという考えです。

経済産業省もこれを後押しし、店舗側にはIC対応への早期切り替えを求めつつ、店舗側の負担軽減策も検討しているとのこと。

ところで、IC決済への対応が遅い国は、日本だけではありません。
欧州をはじめ、中東、中南米でもIC経由決済がカード利用決済の8割以上を占めているのに対し、なんとアメリカのIC経由決済は9%。
アメリカへの旅行後はスキミング被害がなかったかどうか、利用明細などから確認をしておくのがよさそうです。

カテゴリー: カードセキュリティ,カード不正利用,海外カード事情
タグ:,,,

手のひら認証でカードレス決済 JCBが実現へ

2015年10月24日 土曜日

現金もカードもいらない決済システムの実用化が近づいてきました。
手のひらの静脈で認証し、決済を行うというこのシステムは、JCBが国内の実験でその有用性を認め、実証実験を海外に拡大しています。

静脈情報とカード情報を紐付けて決済処理

JCBが、富士通および富士通フロンテックの開発した、手のひらの静脈認証技術を用いた決済スキームの実証実験を海外で実施すると発表しました。
JCBの持つグローバル決済ネットワークにこの認証技術を導入することで、クレジットカードやプリペイドカードの決済が、カードレスで行えるようになります。

これは生体認証(バイオメトリクス)技術の一つである「非接触型の静脈認証」を行うシステムで、手のひらの静脈パターンをセンサーで読み取ることで、個人認証をするものです。

手のひら静脈の情報とカード情報を紐付けることで、カードもスマートデバイスも不要となります。
手ぶらで本人認証ができ、決済を行うことができるシステムです。

世界初のカードレス決済が現実に

この「手のひら静脈認証」技術を用いたカードレス決済は世界初となります。
静脈認証は生体認証(バイオメトリクス)技術の一つですが、指紋よりも偽造が困難なため、セキュリティはより高度になるとされています。

さらに、富士通の手のひら静脈認証技術はタッチレスで認証可能なシステムであり、センサーに手をかざすだけで認証が可能。
不特定多数の人の利用があっても衛生的に利用でき、病院や空港、市役所などでの導入事例があります。

カードレス決済なら、カード自体を持ち歩く必要がなく、紛失やスキミングのリスクもなくなります。
より安全で、しかも手軽な決済方法ですから、早期の実用化が期待されますね。

カテゴリー: カードセキュリティ
タグ:,,,,

キャッシュカードより安全 キャッシュパスポート

2015年9月26日 土曜日

海外旅行や留学には現金よりカードのほうが便利なことはもう常識ですね。
国際ブランドのついたクレジットカードを1枚は持っていたいところですが、スキミング等のリスクもあります。
そのリスクを軽減できるのが、国際型のプリペイドカード。
残額のチェックやチャージが面倒、という声も多いプリペイドカードですが、実はクレジツトカード以上に安心で便利に仕えるカードでもあるのです。

キャッシュカードより低リスクなプリペイド式

海外では現金よりもキャッシュカード。しかし盗難やスキミングの被害に遭ってしまうと、その被害は大きなものに。
海外に持っていくなら補償付きのクレジットカードがおすすめですが、プリペイド式のカードなら、銀行口座とは切り離されているので、口座残額を全て引き出されるような心配はありません。

この利点を生かして、最近では国際的につかうことができるプリペイドカードが発行されています。
その代表的なものが、海外での利用を目的とした外貨専用のプリペイドカード「キャッシュパスポート」です。

審査・年齢制限なしで日本からの入金もOK!

キャッシュパスポートは、日本円で入金しておくと、海外ATMで現地通貨として引き出せるプリペイドカードです。
国際ブランドMasterCardがついているため、ATMでの引き落とし以外にも、MasterCard加盟店での買い物などにキャッシュレスで利用できます。

キャッシュカードとは違って加入時の審査がなく、また年齢制限もないので、未成年者の短期留学には最適といえるカードです。
入金委任状の登録をしておけば、日本の家族から海外にいる本人に入金ができます。簡易送金の手段としても有効です。

特にキャッシュパスポートの場合、発行時に盗難被害防止のためのスペアカードがついていることが大きなメリットです。
万が一の紛失・盗難があった場合には、使用していた1枚目だけを使用停止にでき、1枚目に引き続いて2枚目を利用することができます。

電話は24時間対応で、現金手配、簡易翻訳、緊急メッセージ、パスポート紛失盗難アシスタンス、クレジットカード紛失盗難アシスタンスなどのサービスがあり、プリペイドとは思えないほどの充実ぶり。

複数の地域に渡航する予定の方には、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの7つの通貨が1枚のカードで持ち歩くことができる「マルチカレンシーキャッシュパスポート」もあり、こちらも審査や年齢制限はありません。

カテゴリー: カードセキュリティ,プリペイドカード,旅行,海外カード事情
タグ:,,,,

日本人は信用に厳しい? 情報漏洩した企業との取引は82%が「やめます」

2014年11月8日 土曜日

米SafeNetから、情報漏洩に関する消費者意識の分析調査結果が発表されています。
調査は日米英独豪の経済大国5カ国で4,500人を超える成人を対象に実施され、この中で最も情報漏洩に厳しかったのが日本人でした。

security

取引は「ない」「絶対ない」82%

今年の夏に発表されたこの調査結果で、金融情報漏洩に遭った企業で再び買物をしたり取引したりすることは「絶対にない」または「まずない」と答えた回答者の国別の割合は次の通り。

  •  日本:82%
  •  オーストラリア:72%
  •  英国:68%
  •  米国:54%
  •  ドイツ:53%

日本がダントツのトップで、約8割の消費者が情報漏洩した企業とは二度と取引をしないと回答しています。

ちなみに5カ国全体での「絶対にない」または「まずない」は57%と約半分強。
それに対して8割というのは、格段に高い数字です。

日本人は金融情報について、かなり厳しい感覚を持っていると言えますね。

過去に漏洩事件のあった企業は約3割

一方、企業のほうはどうでしょうか。

同社の調査では、企業が顧客データの保護やセキュリティを十分に重視している、と考える回答者は半分にとどまることも明らかになっています。
この数字には、2014年に起こった情報漏洩の件数が多いことが影響している可能性もあるようですが、別の調査(欧米)では約3割の企業が情報漏洩に遭ったという回答結果もあり、現実での情報漏洩対策の難しさを表しています。

特に日本企業は情報セキュリティリーダーの不足と、危機発生の要因を掴むことも充分でないという指摘もあります(「グローバル情報セキュリティ調査2015(日本版)」)。

SafeNetの最高戦略責任者 Tsion Gonen は、「データ漏洩はセキュリティの侵害という単純なものではありません。企業と顧客間の信頼感に対する侵害でもあり、評判の悪化だけでなく取引を失い、訴訟を抱え、罰金を科せられ、事業の存続が脅かされることもあります。企業は、顧客データを守るために最大限の努力を払う必要があります」と語っています。

カテゴリー: カードセキュリティ
タグ:,,

MasterCardに世界初「指紋センサー」搭載!

2014年10月26日 日曜日

クレジットカードのセキュリティは日々進歩しています。
ICチップ、セキュリティコード、3Dセキュアとさまざまな技術が導入されていますが、今回、世界初の指紋センサーが加わりました。

指紋情報はクレジットカードに記録

今月発表されたMasterCarの新しい非接触決済カード「Zwipe MasterCardカード」は、生体認証センサーを搭載した世界初の指紋センサーつきクレジットカード。
これはノルウェーのZwipeと提携したカードで、安全性が高いとされるZwipeの生体認証技術を使用しています。

カード会員の指紋データをクレジットカードそのものに記録できるタイプの認証技術なので、カードを持っている本人の指紋とそのカードの記録を安全、簡単に確認することができます。
指紋認証を行えるので、支払い時の暗証番号の入力の必要もなくなります。

サービス開始は2015年から

Zwipeは2009年の設立以来、多くの特許技術を所有しながら、さらに革新的な技術開発を続けている企業。
今回の指紋認証技術は、ノルウェーの金融機関グループ Sparebanken DIN での試験運用の後、2015年からサービス提供を開始する予定となっています。

また、このカードは指紋認証だけでなく、非接触決済アプリケーションと、国際標準認定のIC認証も搭載しているため、加盟店を選ぶことなくカードを利用できます。

セキュリティが気になる方は、最新技術で守られたこのクレジットカードへの切り替えを検討してみてはどうでしょう?

カテゴリー: カードセキュリティ
タグ:,,

  • トップページ
  • トップページ

New Entries

Categories

Categories

 

最新クレジットカード比較.com