ACマスターカードバナー

News&Topics クレジットカードのお得な情報をお知らせ

ワンランク上の信用をもたらすハイグレードカード

2015年5月9日 土曜日

クレジットカードにはグレードがあり、一般カードの上にはゴールドカード、その上にはプラチナカード、ブラックカードがありますが、この中でゴールドカードは若年層にも持ちやすいカードとして、国内の発行枚数は3億枚近くにのぼっています。
多くの人が持つということは、それだけのメリットがあるということ。
ハイグレードカードを持つメリットをまとめてみました。

特典もハイグレード

一般的に、ゴールドカードの年会費は5千円~2万円。プラチナカードは5万円~10万円の年会費がかかります。
少々差がありますが、これは各カードのブランド力やサービス内容の差でもあります。
ちなみに20代でも発行可能なヤングゴールドカードなどは年会費が低めに設定されていて、5千円以下の年会費で入会できるものが多いようです。

しかし一般のクレジットカードの年会費は1000円程度のものが多く、年会費無料のクレジットカードも多種多様に発行されています。
無料のカードがある一方で、割高な年会費を払ってもハイグレードカードを持つ人々もいるのですが、そのメリットを一言で言うと、『特典』と『信用』です。

ハイグレードカードの特典
・補償の幅と補償額が大きい
・利用限度額が高い
・充実したコンシェルジェサービス
・空港ラウンジ利用、送迎サービス、荷物の送料が無料
・ポイント付与率が一般カードの倍以上

メリットはブランド力より『信用』

ゴールドカードはその発行枚数の増加から、既に一般に浸透してきたと言ってもいいほどですが、『ゴールドカードを持っている』というステータス性はまだ充分に健在です。
それがプラチナカードなら、さらに周囲の信用力は増します。

例えば、ビジネスの相手がプラチナカードを持っていれば、その人に対する信用度は、それだけでアップします。
クレジットカードは経済力を裏付けするものですが、経済力が充分にある人は、仕事や社会的な関係性もしっかりしていると判断されます。
つまり社会的な信用がカード一枚で裏付けされるのです。
プラチナカードはゴールドカードよりも発行条件が厳しく、発行枚数も少ないため、それを持っていることは充分な信用力になります。

プラチナカードのメリットはそれだけではありません。
世界中で利用できるコンシェルジェサービスは、電話一本でつながる秘書のようなもの。
出張や接待に大きく役立ち、ビジネスの質を高め、人との交流をサポートしてくれます。

カテゴリー: クレジットカード,クレジットカードの付帯サービス
タグ:,,,

海外旅行には必須の保険 補償額は充分?

2015年3月21日 土曜日

クレジットカードに付帯するサービスの1つに、旅行保険があります。
旅行中にけがや病気といったトラブルに見舞われたときに、治療費用や後遺症などに対して補償をしてくれるサービスです。

海外での事故や病気 治療費は驚くほど高額!

保険の効く日本と違い、海外では病気やけがの治療のために入院すると、ほんの数日で驚くほど高額の費用を請求されることになります。

実際に請求された高額治療費としては、病気で1カ月ほど入院して約3,000万円、事故で10日間入院して約1,200万円、5日間の入院と手術で約1,000万円の費用がかかった例があります。
中には数日の入院・加療で5,000万円~7,000万円という費用(救援者費用※を含む)がかかったという例もあり、国内の医療費とは全く比較にならない金額が請求されることがわかります。

もしものことを考えると、やはり海外旅行へ行く際には、保険に入っておきたいですね。
特に、旅行中の治療費や救援者費用が補償されているかどうかは大きな問題です。

※事故現場からの救出にかかる費用など

補償額は500~1,000万円ほどを用意

前述したような高額治療費が請求されるケースはそれほど多くないとしても、海外旅行へ行く際には、少なくとも治療費用として、500万円から1,000万円の補償をつけておきたいところです。

クレジットカードには、海外旅行保険がついていても、死亡時だけしか保険が適用されないものもあります。
その場合はけがや病気の治療費用を自分で支払わなければならなくなり、後が非常に大変です。

限度額や補償の条件などもクレジットカードによって違うので、旅行前には手持ちのカードの保険内容を把握しておきましょう。
補償額が足りない分は、旅行前に海外旅行保険に別途加入して、補償額を上乗せしておくと安心です。

カテゴリー: クレジットカードの付帯サービス,クレジットカードの付帯保険,旅行
タグ:,,,,,

進化するクレカサービス 2人食事で1人無料も

2014年12月13日 土曜日

忘年会・新年会の予約はもう済んでいますか?

外食の増える年末年始に向けて便利な、レストランでの割引や1人無料など、グルメなサービスを打ち出すクレジットカードが増えています。

幹事ならチェック必須のレストランサービス

グルメを楽しめるクレジットカードの代表格といえば、ダイナースとアメリカン・エクスプレスですね。
ところがそれ以外のカードでも、レストランで非常にお得になるサービスを打ち出してきています。

「セゾンカード」では会員限定の特別メニューが企画されており、三井住友カード「デビュープラスカード」では、飲食店での会計時割引のほか、高額メニューへのグレードアップ。三井住友カードは今夏開設したサイト「U25R20」でぐるなびと提携し、若者向けにパーティや接待、デートに最適な飲食店情報を提供。同時に優待クーポンを発行しています。

忘年会、新年会の幹事役を任されたら、クレジットカードのサービスを有効利用して、お得に乗りきってくださいね。

ハイグレードカードはダイニングサービスがキモ

ダイナースもアメリカン・エクスプレスもステータスカードと呼ばれ、ハイグレードなカードとされています。
そのハイグレードカードの特徴の一つがグルメなダイニングサービス。
レストランでどれだけ便利に使えるかが、ステータスカードの指標の一つともいえます。

今年はMUFJニコスがそのダイニングサービスの拡充を打ち出しました。

MUFGニコスと三菱UFJニコスのフランチャイジー各社が発行するプラチナカードのサービスで、全国で厳選された高級飲食店で所定コースメニューを2人以上で予約した場合、1人分が無料になるというサービスです。

また、三井住友プラチナカードでは、東京・大阪を中心とする一流レストランで、やはり2人以上で食事をすると1人分が無料になるというクーポンサービスや、提携ホテルの部屋や料理をアップグレードするサービスもあります。

年会費の高いステータスカードも、有効に利用すれば年会費以上のサービスが受けられます。
外食の機会が多くなるこの時期に、クレジットカードをうまく使って、1ランク上のグルメを楽しむのはいかがでしょうか。

カテゴリー: クレジットカードの付帯サービス
タグ:,,,

  • トップページ
  • トップページ

New Entries

Categories

Categories

 

最新クレジットカード比較.com