トップ > クレジットカードの知識 > クレジットカードの使い方

三井住友デビュープラスカード
ACマスターカードバナー

クレジットカードの知識

クレジットカードの使い方

クレジットカードは店頭で利用する場合には、店側にカードを提示して支払い回数を決め、サインをするだけです。
ネットではカード番号、氏名等を入力し、支払い回数を選択します。
あとは振り込みに行く手間も、振り込み手数料もかからずに済みます。

カード利用時のサインは、そのカードの名義人であることの証明をするものです。
サインレス決済ができる店舗もありますが、サインレスできる金額には上限が設けられており、高額の買い物をする場合にはやはりサインが必要になります。

クレジットカードは単に買い物ができるだけでなく、利用した金額に対してポイントがつき、貯まったポイントは商品割引や商品券、航空チケットなどに交換ができます。
最近ではコンビニや光熱費、保険料金の支払い等もカードで支払い、ポイントを貯める利用者が増えています。

 

1.カード提示

会計時に現金の代わりにクレジットカードを提示します。提示したクレジットカードの加盟店であえれば、問題なく使用することができます。

 

2.支払い方法の選択

1回払いか分割払いにするか店員さんに伝えます。分割払いを指定すると金利手数料がかかるので注意が必要です。

 

金利手数料がかかる支払い方法

クレジットカードでの支払で利息がつかないのは、一括払い、ボーナス一括払い、2回払いの3つです。
3回以上の分割払い、リボルビング払い(リボ払い)、リボ払いの一種であるフレックス払いには利息がかかります。
そのうち、リボ払い、フレックス払いは利息が高めに設定されています。

分割払いでもリボ払いでも、途中で全額返済をすることができます。
当然のことですが、早く支払い終わればそれだけ利息も少なく済みます。
支払い金額が残っている場合、ボーナス時期などにまとめて返済したほうが得になります。

 

3.暗証番号入力

お店によっては、カード端末に暗証番号の入力を求められるケースがあります。周囲にみられないようにしながら4桁の暗証番号を入力して完了ボタンを押します。

 

4.サイン

暗証番号入力を求められないお店は、明細書にサインをします。明細書の支払い金額が正しいかどうかなど確認しサインします。小額の決済の場合は、サイン不要のケースもあります。

 

5.利用控え

最後にお店から利用控えを受け取ります。カードの利用明細書が届くまで大切に保管しておきましょう。

当サイト一押し!! 用途別おすすめクレジットカード

ポイントをいっぱい貯めたい、という方

●ポイントを効率良く貯めたいなら「楽天カード」がおすすめ

クレジットカードでたくさんポイントを貯めて得したい、という方には、ポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめ。中でも当サイトおすすめは楽天カードです。
楽天カードは、年会費無料なうえポイント還元率が高く、土日利用でボーナスポイント特典などのキャンペーンが数多く開催、もともと高還元率なのに、楽天市場、加盟店ならさらにポイントが貯まりやすくなっています。
さらに、今ならお得な入会キャンペーンを実施しており、カードを作って利用するだけで、5,000円分以上のポイントを獲得することができます。

>> その他、ポイント還元率が高いカードを見る
 

「クレジットカードを作るのは初めて」という方

●まずは年会費無料のカードから始めてみよう

「クレジットカードをこれまで作ったことがなく、どれにすればいいのかまったくわからない…」という方は、最初は年会費が無料のクレジットカードを選ばれるとよいでしょう。年会費無料のカードであればクレジットカードをあまり使用しない場合でも年会費が発生しないため、ノーリスクで済むからです。
年会費無料のクレジットカードなら、楽天カードライフカードがおすすめ。年会費永久無料のカードなら利用しない限り一切費用がかかりません。 また、カードを利用するごとにポイントが貯まり、お買い物代金が割引されるなど各カード独自の特典も非常にお得で魅力的です。

>> その他、年会費無料のカードを見る
 

「年会費無料で総合的にお得なカードが欲しい」という方

JCBEIT

   ▲JCB EIT

●年会費無料で保険が充実、ポイント還元率が良く、サービス充実を1枚で

ポイント還元率が良く、旅行保険が付いてきて、しかも色々なサービスを利用したい、しかも絶対に年会費無料がいい。という欲張り条件でカードを作りたいという方は、無金利・手数料なしの1回払いができる高機能リボ払いカードを選ばれるとよいでしょう。
中でも当サイトおすすめ高機能リボ払いカードは、JCB EITです。JCB EITは、月々の支払い額を利用限度額の範囲で自由に設定できます。設定した支払い額の範囲のお支払いであれば金利・手数料は一切かかりません。
逆に、予定よりも多くカードを利用してしまった時や支払いがきつくなった時は、家庭を圧迫することなく、決められた金額で返済ができるメリットがあります。

>> リボ専用カード比較ページを見る
 
 
 
 

最新クレジットカード比較.com