トップ > クレジットカードの知識 > クレジットカードの手数料

三井住友デビュープラスカード
ACマスターカードバナー

クレジットカードの知識

クレジットカードの手数料

クレジットカードの基本機能は買い物ができるショッピング機能と、現金を借りられるキャッシング機能です。
キャッシングは現金の貸し付けであり、その利息がカード会社の利益になりますが、ショッピング利用時には、カードの取扱手数料がカード会社の利益になります。

加盟店でカードを提示して購入した商品の代金は、利用者の口座から引き落とされるまでの間、カード会社が加盟店側に立て替えて支払っているのですが、このとき加盟店からカード会社に商品金額の数%の手数料が入ります。

日本ではこの取扱手数料は加盟店側が支払うことになっており、カード利用者が支払う必要はありませんが、海外ではカード利用者に請求(サーチャージ)される国もあります。
なお、海外では事務処理コストを加算したレートで利用分が計算されます。

 

店側が手数料を負担する理由

店舗側が手数料を負担してでもカード加盟店になるのは、カード会社の影響力が強いからだという話があります。
しかし海外よりも現金に対する信用度がずっと高く、現金決済が主流である日本では、カード会社と店舗側の力関係もまた違い、店舗側の立場が比較的強いというのが事実のようです。
日本では加盟店の支払う手数料は欧米よりも安く設定されているということと、『現金もクレジットカードも使える店』であるほうが利用者にとって便利であり、店側の信用が高まるから、という理由が大きいと考えられます。

実際に加盟店から入る手数料だけではカード会社の経営は厳しいものがあり、リボルビング払いやフレックス払いを利用者に進めて、その利息で収入を増やしたいという思いがあるようです。

 

カード利用者が負担する費用

商品の購入時のカード取扱手数料は店舗側が支払いますが、それ以外でクレジットカード利用者が払う費用に、カード年会費があります。
年会費の金額はカードごとに違い、一般に使用されているカードでも無料から1万円以上と幅があり、ステータスの高いカードの年会費はさらに高額です。

年会費の有無や金額は、クレジットカードの性格や付帯サービスの内容によって変わり、補償の充実した海外旅行保険やデスクサービス、空港ラウンジの利用料無料など、サービスが充実しているカードは年会費が高くなります。
しかし年会費無料のカードも多く、中には年間のカード利用金額が一定額を超えると年会費が無料になるカードもあります。

 

ショッピング手数料

特殊な支払い方法をするような場合も手数料がかかります。多くのクレジットカードでは買い物をする際に、一回払いや分割払い、リボ払い、そしてボーナス払いといった支払い方法があります。
利用者はこの中から好きな支払い方法を選ぶ事ができるようになっているわけなのですが、この時、分割払い、リボ払いを選ぶ場合は、平均年利15.00%程度の支払手数料かかります。
本来であれば買った商品の代金というものは一度に支払うべきものとされていますが、分割払いで何度かに分けて支払わせてもらう場合などには、金利の様な手数料がかかってしまうものとなるのです。
逆に言いますと、一括払いなどの支払い方法を選べば手数料はかからないものとなります。

 

特殊なクレジットカード

クレジットカードの中には、リボ払い専用クレジットや、フレックス払い専用カードなど、通常のクレジットカードとは異なる仕組みのカードも存在しています。これらの特殊なクレジットカードには、最初からリボ払いという分割払いの方式が組み込まれている為、何を購入したとしても自動的にリボ払いとされていて、その支払いには手数料がかかってしまうようになっています。これらのリボ払い専用クレジットカードでも1回払い手数料無料のカードと初回払いから金利がかかるカードがありますので注意して選ぶようにしましょう。

当サイト一押し!! 用途別おすすめクレジットカード

ポイントをいっぱい貯めたい、という方

●ポイントを効率良く貯めたいなら「楽天カード」がおすすめ

クレジットカードでたくさんポイントを貯めて得したい、という方には、ポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめ。中でも当サイトおすすめは楽天カードです。
楽天カードは、年会費無料なうえポイント還元率が高く、土日利用でボーナスポイント特典などのキャンペーンが数多く開催、もともと高還元率なのに、楽天市場、加盟店ならさらにポイントが貯まりやすくなっています。
さらに、今ならお得な入会キャンペーンを実施しており、カードを作って利用するだけで、5,000円分以上のポイントを獲得することができます。

>> その他、ポイント還元率が高いカードを見る
 

「クレジットカードを作るのは初めて」という方

●まずは年会費無料のカードから始めてみよう

「クレジットカードをこれまで作ったことがなく、どれにすればいいのかまったくわからない…」という方は、最初は年会費が無料のクレジットカードを選ばれるとよいでしょう。年会費無料のカードであればクレジットカードをあまり使用しない場合でも年会費が発生しないため、ノーリスクで済むからです。
年会費無料のクレジットカードなら、楽天カードライフカードがおすすめ。年会費永久無料のカードなら利用しない限り一切費用がかかりません。 また、カードを利用するごとにポイントが貯まり、お買い物代金が割引されるなど各カード独自の特典も非常にお得で魅力的です。

>> その他、年会費無料のカードを見る
 

「年会費無料で総合的にお得なカードが欲しい」という方

JCBEIT

   ▲JCB EIT

●年会費無料で保険が充実、ポイント還元率が良く、サービス充実を1枚で

ポイント還元率が良く、旅行保険が付いてきて、しかも色々なサービスを利用したい、しかも絶対に年会費無料がいい。という欲張り条件でカードを作りたいという方は、無金利・手数料なしの1回払いができる高機能リボ払いカードを選ばれるとよいでしょう。
中でも当サイトおすすめ高機能リボ払いカードは、JCB EITです。JCB EITは、月々の支払い額を利用限度額の範囲で自由に設定できます。設定した支払い額の範囲のお支払いであれば金利・手数料は一切かかりません。
逆に、予定よりも多くカードを利用してしまった時や支払いがきつくなった時は、家庭を圧迫することなく、決められた金額で返済ができるメリットがあります。

>> リボ専用カード比較ページを見る
 
 
 
 

最新クレジットカード比較.com