トップ > クレジットカードの知識 > クレジットカードの仕組み

三井住友デビュープラスカード
ACマスターカードバナー

クレジットカードの知識

クレジットカードの仕組み

○クレジットカードのショッピングシステム

クレジットカードは、そのカード会社加盟店の商品やサービスを後払いで買うことができるシステムです。
加盟店でカードを利用して購入したものの代金は、カード会社が立て替えて店側に払い、後日、その立て替え分が利用者の口座から引き落としされて支払いとなります。

クレジットカードの取引情報は加盟店管理業務会社や処理センターを経由してカード会社に送られ、その情報からカード会社は利用者に請求を行いますが、カード会社は利用者が購入した代金を立て替えることになるため、利用者に対してそれだけの信用があるかどうかを確認しておく必要があります。
クレジットカードの加入時に与信審査が行われるのはそのためです。

 

万が一、カード保有者が利用代金を踏み倒した場合、クレジットカード会社がカード保有者の代わりに確実に支払いを行うため、クレジットカード加盟店は安心して代金を貰うことができます。このように、クレジットカード会社がカード保有者の代わりに支払いを行う背景にあるものは、クレジットカード会社がカード保有者を信用している点にあります。信用出来る相手ならクレジットカードの利用限度額は100万円や500万円、或いは無制限といった具合に高額の買い物が出来ることすらあります。逆に言えば、カードを作りたいと思っている人に対して信用出来そうに無いとクレジットカード会社が判断すると、クレジットカードを発行しません。

 

それでは、クレジットカードで利用出来る金額の範囲は、どのように決まるのでしょうか?クレジットカードの利用限度額は、年収が低い方ほど低めに設定され、年収が高い方ほど高めに設定されます。例えば、年収が低い方がクレジットカードで高額の買い物を何度もした場合、あとで返済出来るだけの収入や計画が無い場合があるため、利用限度額が低めに設定されるのです。つまり、年収の大小に併せて決まるものなのです。

 

加入時に必要となる与信審査

与信審査とはクレジットカード加入時に必ずされる信用調査で、年収や勤務先、住居などの資産の確認が行われ、総合的な返済能力を確認されます。
与信によりそのカードの利用限度額が決定しますが、与信審査でそれぞれのカード会社が定める基準を満たさなければ、クレジットカードは発行されません。
ある程度の信用がなければ、カード会社も代金の立て替えを行ったり、キャッシングで現金を貸し付けたりすることはできないからです。

与信審査では過去のクレジットの支払い状況や、その時点での借入金額なども確認されます。
他のカードの利用履歴で支払い遅滞を繰り返したり、キャッシング枠が年収の3分の1を超えていたりすると、与信審査に通らない可能性が高くなります。
逆に毎回遅滞なく支払いをしていれば、問題のない利用者と判断されて信用が上がることになります。

 

クレジットカードの記録情報

クレジットカードには磁気テープなどに会員番号や口座番号を記録しており、店舗側は読みとり装置でその情報を読み取ります。
その情報を信販会社や金融機関のコンピュータに通信して照会することで、決済の手続きをしたり、現金を引き出したりすることができるのです。

この情報を不正に読み取ってカードを偽造し、高額の買い物をしたり現金を引き出したりする犯罪がスキミングです。
ATMに不正読み取り装置を仕掛けるなど大掛かりなスキミング犯罪が起こることもありますが、ICカードを採用するなどカード会社もスキミング防止対応をしており、被害者になることは滅多にないようです。
毎月の明細書を確認し、覚えのない明細を発見することで、被害を最小限に食い止めることができ、また盗難保険がついているため、本人利用以外の代金を負担する必要もありません。

 

利用者の信用情報

クレジットカードの利用は信用がベースになっており、利用者自身の信用状況は個人信用機関で知ることができます。
本人確認書類と印鑑があれば、郵送でも信用情報の開示依頼ができ、間違いや登録期間の過ぎた情報があった場合には削除を求めることもできます。

 

クレジットカードは、いつどんな時でもお財布代わりに支払いができる魔法のカードであり、クレジットカード加盟店ならどこでも利用出来ます。その基本は、カード保有者がクレジットカード会社に利用代金を必ず支払うことで成り立っています。そのため、しっかりとした収入と返済計画を立てた上で、クレジットカードを使えばこれほど便利なものはありません。だからこそ、契約するクレジットカードの契約内容をよく理解し、適切に利用しましょう。

当サイト一押し!! 用途別おすすめクレジットカード

ポイントをいっぱい貯めたい、という方

●ポイントを効率良く貯めたいなら「楽天カード」がおすすめ

クレジットカードでたくさんポイントを貯めて得したい、という方には、ポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめ。中でも当サイトおすすめは楽天カードです。
楽天カードは、年会費無料なうえポイント還元率が高く、土日利用でボーナスポイント特典などのキャンペーンが数多く開催、もともと高還元率なのに、楽天市場、加盟店ならさらにポイントが貯まりやすくなっています。
さらに、今ならお得な入会キャンペーンを実施しており、カードを作って利用するだけで、5,000円分以上のポイントを獲得することができます。

>> その他、ポイント還元率が高いカードを見る
 

「クレジットカードを作るのは初めて」という方

●まずは年会費無料のカードから始めてみよう

「クレジットカードをこれまで作ったことがなく、どれにすればいいのかまったくわからない…」という方は、最初は年会費が無料のクレジットカードを選ばれるとよいでしょう。年会費無料のカードであればクレジットカードをあまり使用しない場合でも年会費が発生しないため、ノーリスクで済むからです。
年会費無料のクレジットカードなら、楽天カードライフカードがおすすめ。年会費永久無料のカードなら利用しない限り一切費用がかかりません。 また、カードを利用するごとにポイントが貯まり、お買い物代金が割引されるなど各カード独自の特典も非常にお得で魅力的です。

>> その他、年会費無料のカードを見る
 

「年会費無料で総合的にお得なカードが欲しい」という方

JCBEIT

   ▲JCB EIT

●年会費無料で保険が充実、ポイント還元率が良く、サービス充実を1枚で

ポイント還元率が良く、旅行保険が付いてきて、しかも色々なサービスを利用したい、しかも絶対に年会費無料がいい。という欲張り条件でカードを作りたいという方は、無金利・手数料なしの1回払いができる高機能リボ払いカードを選ばれるとよいでしょう。
中でも当サイトおすすめ高機能リボ払いカードは、JCB EITです。JCB EITは、月々の支払い額を利用限度額の範囲で自由に設定できます。設定した支払い額の範囲のお支払いであれば金利・手数料は一切かかりません。
逆に、予定よりも多くカードを利用してしまった時や支払いがきつくなった時は、家庭を圧迫することなく、決められた金額で返済ができるメリットがあります。

>> リボ専用カード比較ページを見る
 
 
 
 

最新クレジットカード比較.com