トップ > クレジットカード選びのコツ > マイル

三井住友デビュープラスカード
ACマスターカードバナー

マイルを貯めてみたい!効果的な貯め方を知りたい!

当ページでは、航空マイルについて分かり易く紹介します。下記に当てはまる方は特に参考になさってください。

  • 「そもそもマイルって何?」
  • 「ANAとJALの特徴やメリットを知りたい」
  • 「もっと上手い方法でマイルを貯めたい」
  • 「自分のスタイルに合ったカードを作りたい!」

マイルを貯めたいという方は、選ぶ航空系カードやマイルの貯め方によって貯まるマイル数に大きな差が出ます。しっかり吟味して自分に合った最高の1枚を選び出し、マイルで旅に行きましょう!

マイルを貯めて旅行に行こう!

そもそもマイルって?

マイルを貯めて旅行!

マイルとは、飛行機に乗ると貯まる航空会社のポイントのことをいいます。航空系のクレジットカードでお買い物をすれば、飛行機に乗らなくてもマイルをためることができます。

貯めたマイルは、航空券に交換したり、ツアーの代金にしたり、商品と交換したり、他社ポイントへ移行することができます。

なので、旅行好きな方、貯めたポイントで旅行に行きたいという方、出張が多い方はマイルを上手に貯めれば無料で飛行機に乗れたり、座席をアップグレードできたりします。

では、全日本空輸「ANA」と日本航空「JAL」の特徴などを見ていきましょう。

航空系マイルの特徴

■ANAマイル
ANAマイル

一般カード年会費:初年度無料。2年目移行2,100円。年会費割引制度有り
マイル移行:自動または自分でマイレージに移行。
有効期限:ポイントの有効期限+マイル有効期限3年。
還元率1.0%にする手数料:10マイルコース選択。2,100円~6,300円が年間の初回移行時に必要。
ボーナスマイル:入会時1000マイル・継続時1000マイル・区間マイル+10%
電子マネー:Edyが強い 決済で200=1マイル!チャージとのマイル2重取りが困難。
ネット通販:楽天に強い
共通ポイント:T-ポイントに強い
スマホ:スマートフォン用アプリが充実。

■JALマイル
JALマイル

一般カード年会費:初年度無料。2年目移行2,100円
マイル移行:自動的にマイレージに移行。
有効期限:マイル有効期限3年。
還元率1.0%にする手数料:ショッピングマイル・プレミアム2,100円/年に加入。
ボーナスマイル:初回搭乗ボーナス1,000マイル、毎年初回搭乗時に1,000マイル、区間マイル+10%
電子マネー:WAON、PASMOに強い WAONは、決済で200円=1マイル!チャージのマイル2重取り可能。PASMOは、JALカードTOP&ClubQでチャージすればポイント付与!決済で貯まるTOKYUポイントはJALマイルへ移行が可能。
ネット通販:Yahoo!に強い
共通ポイント:Pontaに強い
スマホ:ネット限定販売のJALマイルフォンがお得。最大100円=7マイル貯まる。(auのみ)

 

ANAマイルとJALマイル比較

ANAマイルとJALマイル比較のまとめ

では、上記でまとめたANAとJALの比較表を詳しくみていきましょう

ANAとJALの大きな違いは強いネット通販、電子マネー、連携する共通ポイントです。特に電子マネーの対応度が大きく違います。ANAはEdyに強く、JALはWAONに強いです。いつもよく利用するお店でお得な電子マネーを知っておくとよいでしょう。>>電子マネーの詳細

そして重要なのはカード維持費です。維持費をなるべく押さえながら、マイルがたくさん貯められるのはANAなのかJALなのか、さらに掘り下げて比較してみましょう。

ANAカードなら年会費を抑えられる!

カードの年会費ですが、両社とも一般カードの初年度年会費は無料、2年目以降は2,100円となって同じです。しかし、ANAカードの場合、条件で年会費が割引される年会費割引特典があります。JALはそのような割引特典がないので、年会費を抑えるにはANAがおすすめです。
例えば、ANA VISA SUICAなら簡単な条件で年会費788円でカードを維持することができます。

還元率を1.0%にする手数料って?

上記比較表の「還元率を1.0%にする手数料」について説明します。ANAカードもJALカードもカード利用した分のポイントをマイレージバンクに"移行"する仕組みになっていて、200円=1マイル換算で移行することができます。

ANAもJALもこの移行レートをオプションで高くするサービスを提供しており、200円分で1マイルで換算してもらうのか、100円分で1マイルで換算してもらうのかを選ぶことができます。200円で1マイル換算なら無料、100円で1マイル(還元率1.0%)で移行するには、両社とも手数料やプログラムに加入といった費用が発生します。「還元率を1.0%にする手数料」とはこの費用のことをいいます。

もっとも安く1.0%でマイル移行できるのはANAJCBカード

ANA JCB カード

還元率を1.0%にする手数料はカードによって違います。年間2.100円~6,300円です。JALカードで還元率を1.0%にしたい場合、入会後、毎年年間5,000円(税別)を固定で支払わなければなりませんが、ANAなら年度ごと(4/16~翌年3/31)の初回移行時に支払います。
つまり、ANAカード(アメックス・ダイナース以外)なら移行しない年は手数料が必要ないということになります。移行する年だけ手数料が発生します。ここがJALとANAの違いです。そのため、マイル移行するタイミングが1年以上開く方は、ANAカードがおすすめです。

中でも10マイルコース手数料が最も安いのはANA JCB 一般カードで、手数料は年間5,000円(税別)です。JALと同じ金額ですが、ANAカードならポイント有効期限ギリギリにマイル移行ができるので、最長で3年に1回の支払いでマイル移行ができます。そのため、ポイントの有効期限+マイル有効期限3年なので、有効期限がJALに比べ長くなります。

日常利用で貯めるならJAL

WAON

普段のお買い物でコツコツとマイルを貯めるには電子マネーがカギとなります。前述したとおりANAはEdy、JALはWAONに強いです。しかし、マイルの貯め安さでいえばWAONが一歩リードします。
なぜなら、WAONならWAON決済でJALマイルが貯まり、WAONへのチャージをJALカードで行えばチャージでもマイルを貯めることができるからです。つまり、WAONでお買い物をすれば、常に高還元率でJALマイルを貯めることできるのです。ジャスコなどのイオングループ、ファミマによく行かれる方は最高の電子マネーですよね。

一方、Edy決済でもANAマイルを貯めることができますが、Edyチャージでマイルを貯められるカードは年会費14,700円のANA JCBワイドゴールドカードか、年会費21,000円のANAダイナースカードのみとなっています。この年会費は維持費を押さえてANAマイルを貯めたいという方には痛い年会費です。しかもこれらのカードのEdyチャージ還元率は0.5%となっており、高いとはえません。もちろん、年会費が高い分、一般カードにはない付帯保険やサービス、ステイタスが付いてきますので、自分のライフスタイルにマッチしていれば最高のカードとなってくれるに違いありませんが。また、ANAカード以外でEdyチャージでポイント付与されるカードの中には、ライフカードエポスカードNTTカードといった貯めたポイントをANAマイルへ移行ができるカードもありますが、チャージと移行でどうしてもレートが悪くなってしまいます。

年会費を押さえて、日常利用でマイルを貯めるなら、圧倒的にJALが有利といえます

PASMO利用なら絶対JAL

PASMO

鉄道の利用でもマイルを貯めたい!という方はPASMOがおすすめです。
PASMOにチャージするカードをJALカードTOP&ClubQにすればチャージでマイルが貰えるうえ、決済でもらえるTOKYUポイントをJALマイルへ移行ができダブルでマイルを獲得することできます。
鉄道の利用ならチャージと利用でマイルを獲得できるPASMOとJALカードTOP&ClubQの紐付けがおすすめです。

SuicaならANA・JALどちらもOK!

鉄道やバスなどの交通はもちろん、コンビニや駅ビル、スーパーなどにも活躍する電子マネーSuicaは、決済時の獲得ポイントはマイルに移行はできず、WAONやPASMOのようにマイルを集中的に貯めることはできませんが、ANAもJALもチャージでマイル付与されるカード「ANA VISA SUICA」「JALカードSuica」が用意されています。しかも、オートチャージ機能が付いてくるほか、おサイフケータイのアプリ「モバイルSuica」の年会費1,000円が無料で利用できる特典付き。
ただし、両カードとも家族カードが作れないため、マイルを家族合算するには、もう1枚Suica提携以外のカードを作らなければならないので、家族で利用する方は年会費が重なってしまうので注意したい。
※Suicaの決済でポイントを貯めるには、Suicaポイントクラブの登録が必要です。

ネット通販と共通ポイントで比較しよう

よく利用するネット通販や共通ポイントをみてみましょう。
ANAマイルなら楽天スーパーポイントT-ポイントとそれぞれ相互交換が可能です、JALマイルはPontaYahoo!ポイントとの相性がとても良いです。ちなみに、年会費無料のJMBローソンPontaカードVisaを利用すればPontaとJALマイルの相互交換が可能になります。
貯めたポイントやマイルを無駄がないように、効率良く貯めるために、よく利用するネット通販や共通ポイント、は押さえておきましょう。

ボーナスマイルが大きい!

マイルを貯めたいという方にとって航空系カードを利用するメリットの一つは、ボーナスマイルです。毎年の継続時にもらえたり、飛行機に搭乗したときのもらえるマイルがプラスされたりします。ANAカードもJALカードもボーナスマイルプログラムが用意されています。マイルを貯めるならこのボーナスマイルは大きいです。ANAのほうがボーナスマイルをもらえるハードルが低いですが、ワンランク上のカードになってくるとJALの入会ボーナスマイルの方が多くもらえます。航空系カードには、その他にもマイルが貯まり易いプログラムがたくさんも用意されいて、マイル貯めたいという方にもってこいです。

区間マイルって?

区間基本マイルはTPM(運賃計算に使用する区間距離)を基準にしたマイルのことで、簡単にいえば、飛行機に乗ると貰えるマイルのことをいいます。たとえば、ANAの正規料金の場合、東京から札幌までの区間基本マイルは510マイルです。割引運賃であれば70%で382マイル、パッケージツアーなどであれば50%で255マイルを貰うことができます。さらに、航空系カードであれば、これらのマイルに加えて+10%~+25%が加算され、航空券代金分のマイルも貰うことができるので、どんどんマイルを貯めることができます。

加盟店・特約店で1.5~2倍のマイル獲得!

ANAもJALも自社グループの提携店での利用で通常よりも多くマイルを貯めることができます。ガソリンスタンドやデパート、レストランなど多くのお店が加盟しています、マイル獲得のために対象店はチェックしましょう。

オンラインモール

ANAもJALも自社のオンラインショップがあり、オンラインショップをするなら、モール経由でショッピングするとさらに多くのマイルを獲得することができます。

旅行保険

ANAもJALも一般カードは海外・国内ともに旅行保険が付帯していますが、他のクレジットのようにフルパックで付帯していないので、注意が必要です。傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品損害は補償の対象外だったりしますので、手厚い補償を受けたいという方は、ワンランク上のカードを持つか、他のクレジットカードとの2枚持ち、もしくは旅行保険に加入するようにしましょう。

ANAカードまとめ

ANA

ANAカードはANA VISA/MasterカードANA VISA SUICAといったカード維持費を押さえることができる、年会費割引特典付きのカードがあります。
条件は、ご利用代金WEB明細書サービス利用、または「マイ・ペイすリボ」登録(無料)と年1回のカード利用という低ハードル。ANA VISA SUICAなら後者の条件で年会費を788円に抑えることができます。ANAカードには5マイルコース10マイルコースというマイルコースが用意されていて、マイル移行するときに還元率を選ぶこことがきます。10マイルコースで移行すると還元率は1.0%、手数料は2,100円~6,300円です。この手数料は 年度ごと(4/16~翌年3/31)の初回移行時の支払いなので、 マイル移行をポイント有効期限ギリギリに行えば手数料は3年に1度の支払いで済み、手数料を抑えることができます。また、ポイントをマイルに移行するシステムですので、ポイント有効期限+マイル有効期限なので、JALより有効期限が長いのも特徴です。ちなみに、マイル移行はお好みのタイミングで移行できるコースと毎月ポイントが自動的にマイルに移行されるマイル自動移行コースがあります。マイル移行の手間を省きたいという方は自動移行コースもおすすめです。

■ANA JCB 一般カード(学生用) 学生の方なら!

在学中年会費無料!
10マイルコースも無料。ボーナスマイル+卒業ボーナスマイル、旅行保険も付いてくる!
●Edyチャージ:0%
●モバイルSuicaチャージ:0%
●PASUMOチャージ:0%
●WAONチャージ:0%

>>ANA JCB 一般カード(学生用)詳細はコチラ

■ANA VISA SUICA JR・Suica利用が多く年会費を抑えたい方向け!

初年度年会費無料!条件で最も安い年会費788円でカードが維持できる!家族カード無し。
10マイルコースが6,300円と割高だがポイント有効期限ギリギリで移行すれば3年に1回の支払い。Suicaチャージでポイント付与されます!
●Edyチャージ:0%
●モバイルSuicaチャージ:1.0%※10マイルコース選択の場合。
●PASUMOチャージ:0%
●WAONチャージ:0%

>>ANA VISA SUICA詳細はコチラ

■ANA JCB カード おすすめNo1!★★★

初年度年会費無料!年会費2,100円。年会費の条件割引は無し。
10マイルコースが2,100円と最安です。ポイント有効期限ギリギリで移行すれば3年に1回の支払い。
●Edyチャージ:0%
●モバイルSuicaチャージ:0%
●PASUMOチャージ:0%
●WAONチャージ:0%

>>ANA JCB カード詳細はコチラ

■ANA アメックス カード マイルを貯めてサービス・ステータスも欲しい方向け!

年会費7,350円。
マイル移行手数料6,300円が必要、空港ラウンジ無料(同行1名含む)、旅行保険が充実。ANA航空券購入でポイント1.5倍。
●Edyチャージ:0%
●モバイルSuicaチャージ:1.0%
●PASUMOチャージ:0%
●WAONチャージ:0%

>>ANA アメックス カード詳細はコチラ

■ANA JCBワイドゴールドカード Edyでマイルを貯めたい・サービスも欲しい方向け!

年会費14,700円。
10マイルコースが無料。Edyチャージもポイント付与!ボーナスマイルが大きい!空港ラウンジ、旅行保険が充実。
●Edyチャージ:0.5%
●モバイルSuicaチャージ:0%
●PASUMOチャージ:0%
●WAONチャージ:0%

>>ANA JCBワイドゴールドカード詳細はコチラ

■ANAダイナースカード どんどんマイルを貯めて最上級のステータスも欲しい方向け!

年会費21,000円。
マイル移行手数料が無料。Edyチャージもポイント付与!ボーナスマイルが大きい!空港ラウンジ、旅行保険が充実。
●Edyチャージ:0.5%
●モバイルSuicaチャージ:0%
●PASUMOチャージ:0%
●WAONチャージ:0%

>>ANAダイナースカード詳細はコチラ

JALカードまとめ

JAL

JALカードは、ANAカードとは異なり、ポイントは自動にマイレージに移行される自動移行システム。マイルを移行する手間が省けます。さらに、日常利用でマイルが獲得しやすく、大きな買い物をしなくてもコツコツとマイルを貯めることができます。カードの種類はANA同様たくさんありますが、どれを選んでも年会費2,100円、還元率を1.0%にするショッピングマイル・プレミアムも2,100円/年。このショッピングマイル・プレミアムは、年間42万円以上カード利用する方は加入するとお得になる計算なので、42万円以上利用する方におすすめです。電子マネーはWAONに強く、WAON以外にもPasmoに強いカードもあるので、Pasmo利用者はJALが注目です。

■JALカードnavi(学生用) 学生の方向け!

在学中年会費無料!
ショッピングマイル・プレミアムが無料。ボーナスマイル+学生さんならではのボーナスマイル多数!旅行保険も付いてくる!
●Edyチャージ:0%
●モバイルSuicaチャージ:0%
●PASUMOチャージ:0%
●WAONチャージ:1.0%

>>JALカードnavi(学生用)詳細はコチラ

■JALカードTOP&ClubQ おすすめNo1!★★★

初年度年会費無料。2年目以降2,100円。
ショッピングマイル・プレミアム2,100円。PASUMO・WAONチャージでマイル付与!TOKYUポイント加盟店(東急ストアや東急百貨店など)利用でマイルとは別にTOKYUポイントを付与。この2重取りは意外と使えるシーンが多い。貯めた東急ポイントは2,000ポイント→1,000マイルに交換できる。
●Edyチャージ:0%
●モバイルSuicaチャージ:0%
●PASUMOチャージ:1.0%※ショッピングマイル・プレミアム加入の場合。
●WAONチャージ:1.0%※ショッピングマイル・プレミアム加入の場合。

>>JALカードTOP&ClubQ詳細はコチラ

■JALカードSuica JR・Suicaを利用する方向け!

初年度年会費無料。2年目以降2,100円。家族カード無し
ショッピングマイル・プレミアム年間5,000円(税別)。Suicaチャージでポイント付与!。
●Edyチャージ:0%
●モバイルSuicaチャージ:1.0%※ショッピングマイル・プレミアム加入の場合。
●PASUMOチャージ:0%
●WAONチャージ:0%

>>JALカードSuica詳細はコチラ

■JAL一般カード 電車・バスはあまり使わない、WAONを使いたい方向け!

初年度年会費無料。2年目以降2,100円。
ショッピングマイル・プレミアム年間5,000円(税別)。WAONチャージでポイント付与!
●Edyチャージ:0%
●モバイルSuicaチャージ:0%
●PASUMOチャージ:0%
●WAONチャージ:1.0%※ショッピングマイル・プレミアム加入の場合。

>>JAL一般カード詳細はコチラ

■JALカードOPクレジット 小田急・PASMO利用なら!

初年度年会費無料。2年目以降2,100円。
ショッピングマイル・プレミアム年間5,000円(税別)。Pasmoチャージもポイント付与!小田急ポイント加盟店(小田急百貨店など)利用でマイルとは別に小田急ポイントを付与。小田急ポイントは2000ポイント→1000マイルに交換できる。
●Edyチャージ:0%
●モバイルSuicaチャージ:0%
●PASUMOチャージ:1.0%※ショッピングマイル・プレミアム加入の場合。
●WAONチャージ:0%

>>JALカードOPクレジット詳細はコチラ

当サイト一押し!! 用途別おすすめクレジットカード

ポイントをいっぱい貯めたい、という方

●ポイントを効率良く貯めたいなら「楽天カード」がおすすめ

クレジットカードでたくさんポイントを貯めて得したい、という方には、ポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめ。中でも当サイトおすすめは楽天カードです。
楽天カードは、年会費無料なうえポイント還元率が高く、土日利用でボーナスポイント特典などのキャンペーンが数多く開催、もともと高還元率なのに、楽天市場、加盟店ならさらにポイントが貯まりやすくなっています。
さらに、今ならお得な入会キャンペーンを実施しており、カードを作って利用するだけで、5,000円分以上のポイントを獲得することができます。

>> その他、ポイント還元率が高いカードを見る
 

「クレジットカードを作るのは初めて」という方

●まずは年会費無料のカードから始めてみよう

「クレジットカードをこれまで作ったことがなく、どれにすればいいのかまったくわからない…」という方は、最初は年会費が無料のクレジットカードを選ばれるとよいでしょう。年会費無料のカードであればクレジットカードをあまり使用しない場合でも年会費が発生しないため、ノーリスクで済むからです。
年会費無料のクレジットカードなら、楽天カードライフカードがおすすめ。年会費永久無料のカードなら利用しない限り一切費用がかかりません。 また、カードを利用するごとにポイントが貯まり、お買い物代金が割引されるなど各カード独自の特典も非常にお得で魅力的です。

>> その他、年会費無料のカードを見る
 

「年会費無料で総合的にお得なカードが欲しい」という方

JCBEIT

   ▲JCB EIT

●年会費無料で保険が充実、ポイント還元率が良く、サービス充実を1枚で

ポイント還元率が良く、旅行保険が付いてきて、しかも色々なサービスを利用したい、しかも絶対に年会費無料がいい。という欲張り条件でカードを作りたいという方は、無金利・手数料なしの1回払いができる高機能リボ払いカードを選ばれるとよいでしょう。
中でも当サイトおすすめ高機能リボ払いカードは、JCB EITです。JCB EITは、月々の支払い額を利用限度額の範囲で自由に設定できます。設定した支払い額の範囲のお支払いであれば金利・手数料は一切かかりません。
逆に、予定よりも多くカードを利用してしまった時や支払いがきつくなった時は、家庭を圧迫することなく、決められた金額で返済ができるメリットがあります。

>> リボ専用カード比較ページを見る
 
 
 
 

最新クレジットカード比較.com