トップ > クレジットカード選びのコツ > 選び方

三井住友デビュープラスカード
ACマスターカードバナー

クレジットカードの選び方

さまざまな特徴があるクレジットカード。その中からすべてのニーズに合う1枚を選び出すのはなかなか難しいです。当ページでは、あなたに最も合ったクレジットカードが選べるように、クレジットカード選びの基本事項からコツをご紹介します。

現在のカードから作り替えを検討されている方や初めてカードを作るという方も、是非一度お読み下さい。

カード選びのコツ!

クレジットカード選び基本事項

では、クレジットカードの基本事項を確認してみましょう。銀行やお店で言われるがままに申し込んでしまった。これからカードを作りたい。もっと条件の良いカードを探したいという方でもまずこの基本事項に目を通していただければと思います。

基本事項

1.年会費

年会費はカードを維持するために必要な維持費です。無料のカードから数万円するカードまで様々です。理想はもちろん年会費無料で全てを満たせるカードですが、求めることによっては年会費を払う価値がある場合も多いです。また、年会費が高ければ高いほど理想に近づけるということもないので、最低限の年会費に抑えることができるカードが良いでしょう。
>>年会費無料カード
>>条件で年会費無料カード

2.ポイントプログラム

クレジットカードを利用するとポイントが貰えます。カードによって貯まり方や使い方などが異なります。いくら使うと何%分還元してくれるのか、貯めたポイントは何に交換・移行ができるのか知っておくと良いでしょう。
>>ポイントプログラム別に詳細を見る

3.国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersClubの5社あります。それぞれ利用できるお店の数が違います。世界各国のお店を幅広くカバーする面ではVISA、MasterCardが強く、JCBは日本国内で一番使い勝手が良いといわれています。AmericanExpressは独自のサービスを展開し富裕層向けのサービスを提供しステータス性が高いとされ、DinersClubも比較的社会的地位の高い層向けにサービスを展開しステータス性が高いとされています。

4.付帯サービス

ポイントプログラムの次に特徴を大きく左右させるのが付帯サービスです。海外・国内旅行傷害保険ショッピング保険といった保険サービスや空港ラウンジの利用、旅行時の手荷物配送といったトラベルサービスなどがあります。ゴールドカードのような年会費が高額なカードとなると、ゴルフサービスだったり、ワインクラブだったり、特別優待など覚えきれないくらいのサービスがたくさん付帯しています。

5.電子マネー

今や電子マネーはクレジットカードと切り離せない存在となっています。カード自体を電子マネーと使えたり、専用のカードやおサイフケータイにチャージして使えたりします。決済した時やチャージした時に何ポイントも貰えるのか、どんなポイントが貰えるのかカードによって異なってくるので、自分がよく利用するお店で使える電子マネーとそれに紐付いたクレジットカードを確認するとよいでしょう。
>>電子マネーの詳細、電子マネーでお得なクレジットカード

 

絞込みのための4ステップ

4つのステップ!

では、上記の基本事項を確認していただいたところで、次に、絞りみをするために、さらに掘り下げて見ていきましょう。
自分のライフスタイルを見つめ、実際どんなポイントを貯めたいのか、どこで買い物していることが多いのか、大体の利用額など、下記の4ステップで確認することができます。

ステップの基本は、現在現金で支払っているモノ、現在のカードで支払っているモノを基準にして見てみましょう。
ステップを基に新しいカードに切り替えることで、きっと便利になったり、得をするようになります。
初めてカードを作る方も、現在カードを持っている方も是非チェックしてみてください。

【ステップ1】 貯めたいポイントを決める

まず、貯めたポイントをどうのように使いたいのかを決めましょう。利用分のポイントが貯まり、それを使うことができるのはクレジットカードを使う一番のメリットです。しっかり吟味しましょう。

・キャッシュとして利用したい >>キャッシュバックカード >>キャッシュバックできるポイントプログラム
・マイルを貯めて飛行機に乗りたい >>マイルが貯まるカード >>ANAマイルとJALマイル比較
・ポイントを商品券や商品と交換したい >>ポイント還元率が高いカード >>ポイントプログラム別に探す
・楽天スーパーポイントを貯めたい >>楽天カード
・T-ポイントを貯めたい >>ファミマTカード

ポイントプログラムを詳しく調べたい方は、ポイントプログラムの特徴をご参照ください。

【ステップ2】 カードの種類を決める

普段からよく利用するお店やショップ、よく買うものがあるなら、それに関連したカードを探しましょう。

・コンビニ >>コンビニでお得な電子マネー
・ガソリン >>ガソリン代でお得なカード
・ETC >>ETC利用でお得なカード
・通販 >>ネットショッピングでお得なカード
・飛行機 >>マイルが貯まるカード >>ANAマイルとJALマイル比較
・電車 >>鉄道で得するカード
・携帯電話 >>携帯電話の支払いで得するカード
・公共料金 >>公共料金の支払いで得するカード

【ステップ3】 年間利用額を決める

カードの中には、年間の利用額によって、ボーナスポイントが貰えたり、還元率がアップしたり、優遇が受けれたりするのがあります。利用金額によっては、一般カードよりも、ワンランク上のカードの方がお得になるケースもありますので、今現金で支払っている分やカードで支払っている分が合計でどれくらい利用しているのか大体でよいので確認してみましょう。

【ステップ4】 必要な付帯サービスを決める

自分にとって本当に付帯保険(旅行保険やショッピング保険など)が必要なのか、手荷物宅配サービスなどのサービスは利用するのか、などを決めましょう。必要な付帯サービスがどのようなサービスなのかが分かっていれば、理想のカードが見えてきます。また、旅行保険などの付帯サービスを利用しないという方は、年会無料のカードを選べば損をすることはありません。もちろん年会費無料カードの中には、旅行保険、ショッピング保険やトラベルサービスが付帯しているカードもあります。
>>国内旅行保険付きでお得なカード
>>海外旅行保険付きでお得なカード
>>空港ラウンジが利用できてお得なカード

【特別編】 ステータス性が欲しいなら

ここまで見てきましたが、そもそも”お得”ということよりも、カードを持つことによる”ステータス”が欲しいという方は、ゴールドカードやゴールドカードからプラチナ、ブラックカードへとステップアップしていくようなカードを選ぶとよいです。もちろん、それなりに年会費が高くなりますし、それなりの信用がなければカード自体作ることができませんが、このようなステータス性の高いカードの場合、一般カードにはないようなサービスが利用できたり、専用コンシェルジュが対応してくれたりと、特別な待遇・優遇を受けることができます。また、一般的な方や若い方でも持てるヤングゴールドカードと呼ばれる若者向けのステータスカードもあります。
>>ゴールドカード

 

クレジットカード選びのまとめ

クレジットカード選びのまとめ!

いかがでしょうか。4つのステップを確認していくと、なんとなく自分に合ったカードが分かってきたり、自分の理想のカードが見えてきたのではないでしょうか。

このように、クレジットカードの選び方を知ってみると、今まで言われるがまま作ってきたクレジットカードだと充たされていなかったことや損していたことに気づくと思いますし、 きっと初めてカードを作る方にとってもクレジットカード選びの助けとなることと思います。

クレジットカードは「使う場所」、「使う目的」、「欲しい特典」によって得られるメリットが大きく左右します。あなたにあった最高の1枚は絶対に存在します。当サイトではさまざまな条件のクレジットカードをご紹介しています、その中からきっと最高の1枚を見つけ出すことができると思います。

場合によっては、1枚では条件を充たせないこともあるかと思います、そんな時はメインカードとサブカードの2枚持ちをおすすめします。ポイントを集約するためにメインで使う1枚と、そのカードでは取りこぼしてしまうようなポイントをカバーする、またはメインカードでは得られない付帯サービスを持つカードをサブカードとして選ぶとよいでしょう。実際、2枚、3枚持ちをされている方も多くいらっしゃいます。2枚持ちは、貯めるポイントが分散してしまわないように、年会費が重なって高額になってしまわないように気をつけ、上手に使えば沢山のメリットを享受することができます。

当サイトでは、クレジットカードを様々な視点から分析・評価し、条件別に紹介しています。当サイトを訪問していただいた方全員が最高のクレジットカードを選びだす手助けができることを心から望んでいます

当サイト一押し!! 用途別おすすめクレジットカード

ポイントをいっぱい貯めたい、という方

●ポイントを効率良く貯めたいなら「楽天カード」がおすすめ

クレジットカードでたくさんポイントを貯めて得したい、という方には、ポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめ。中でも当サイトおすすめは楽天カードです。
楽天カードは、年会費無料なうえポイント還元率が高く、土日利用でボーナスポイント特典などのキャンペーンが数多く開催、もともと高還元率なのに、楽天市場、加盟店ならさらにポイントが貯まりやすくなっています。
さらに、今ならお得な入会キャンペーンを実施しており、カードを作って利用するだけで、5,000円分以上のポイントを獲得することができます。

>> その他、ポイント還元率が高いカードを見る
 

「クレジットカードを作るのは初めて」という方

●まずは年会費無料のカードから始めてみよう

「クレジットカードをこれまで作ったことがなく、どれにすればいいのかまったくわからない…」という方は、最初は年会費が無料のクレジットカードを選ばれるとよいでしょう。年会費無料のカードであればクレジットカードをあまり使用しない場合でも年会費が発生しないため、ノーリスクで済むからです。
年会費無料のクレジットカードなら、楽天カードライフカードがおすすめ。年会費永久無料のカードなら利用しない限り一切費用がかかりません。 また、カードを利用するごとにポイントが貯まり、お買い物代金が割引されるなど各カード独自の特典も非常にお得で魅力的です。

>> その他、年会費無料のカードを見る
 

「年会費無料で総合的にお得なカードが欲しい」という方

JCBEIT

   ▲JCB EIT

●年会費無料で保険が充実、ポイント還元率が良く、サービス充実を1枚で

ポイント還元率が良く、旅行保険が付いてきて、しかも色々なサービスを利用したい、しかも絶対に年会費無料がいい。という欲張り条件でカードを作りたいという方は、無金利・手数料なしの1回払いができる高機能リボ払いカードを選ばれるとよいでしょう。
中でも当サイトおすすめ高機能リボ払いカードは、JCB EITです。JCB EITは、月々の支払い額を利用限度額の範囲で自由に設定できます。設定した支払い額の範囲のお支払いであれば金利・手数料は一切かかりません。
逆に、予定よりも多くカードを利用してしまった時や支払いがきつくなった時は、家庭を圧迫することなく、決められた金額で返済ができるメリットがあります。

>> リボ専用カード比較ページを見る
 
 
 
 

最新クレジットカード比較.com